テーマ:青年会

会議と撮影

今日は弁論大会開催に向けた、大切な会議。 昨日は資料作成で夜中までPCと格闘。 何とか資料も出来上がり、コピーをして、いざ会場へ。 内容説明と協賛の御願いをしました。 温かいご理解をいただき、一安心。 帰りには、ポスター・チラシ用の写真撮影。 あくまでも手作りの運営です。 筑波山とつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第6回全国青年僧侶弁論大会のお知らせ

第6回全国青年僧侶弁論大会を、 平成22年3月11日(木)13~17時に 茨城県つくば市のノバホールにて開催します。 協賛は、大本山永平寺と大本山総持寺。 本山の修行僧も弁士として出場予定です。 渾沌とする現代社会の中で、僧侶として日々生きながら、 実は悩み、苦しみ、そしてもがいている青年の、 「僧侶として生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大本山 永平寺

8日は、永平寺に拝登。全日本仏教青年会の理事会(会議)でした。 唐門 大梵鐘 法堂から見た山内。手前は一文字廊下。奥は仏殿 理事会風景。様々な宗派の代表者が集結 救援委員会の活動報告と活動計画を発表しました。 被災地で、地域に根ざした僧侶の菩薩道としてのボランティア活動が、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日仏青総会(定期理事会)

6月25日は、全日本仏教青年会(全日仏青)の定期理事会(総会)でした。 会場は、港区 曹洞宗青松寺。 全日仏青は、宗派を越えた(超宗派)の青年会です。 http://www.jyba.jp/index.htm 現在の加盟団体は、 天台宗、金峯山、真言宗、淨土宗、臨済宗、曹洞宗、融通念佛宗、日蓮宗、 埼玉県…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

茨城新聞

5月1日の茨城新聞です。 投書欄に掲載されていました。 この方は、平成15年5月の茨城横断行脚の初日、結城から下館までの行程も参加されています。 その日は一般参加者125名、僧侶も合わせると150名の行脚でした。 新聞社多数、NHKも取材に来ました。 ※茨城新聞に掲載されている事は、 袋田の住職さまか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年会退会

昨日は、茨城県曹洞宗青年会の総会。 同期7名と共に、無事退会しました。 退会の記念品。 花束と似顔絵です。 21歳・22歳に、ソフトボールの大会に毎年参加。 永平寺から戻って26歳で正式入会。 以後、15年間活動しました。 振り返れば、 僧侶の社会性の向上を意識し、 新しい事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

交通事故殉難者慰霊行脚-取手

4月6日は、平成10年春より続けられている交通事故殉難者慰霊行脚が、 取手警察署管内で行われました。 交通安全の啓蒙と共に、現場での供養を通して、命の尊さ(有限性)に気付き、 更に遺族の苦悩に思いをめぐらせる(寄りそう)慈悲行・同事行の実践です。 私にとっては、5月で退会(卒業)なので、青年会最後の行脚でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『交通安全托鉢』-参加者大募集!!

茨城県曹洞宗青年会主催イベントのお知らせです。 平成10年春より続けられている交通事故殉難者慰霊行脚が、 4月6日(月)に取手警察署管内で行われます。 年に2回、春秋の交通安全週間に行じており、今回で23回目になります。 交通安全の啓蒙と共に、現場での供養を通して、命の尊さ(有限性)に気付き、 更に遺族の苦悩に思いをめぐら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂心-写真

今日は、摂心で、坐禅修行をしてきました。 会場は、龍ヶ崎市・大統寺本堂。 大勢の参禅者と共に坐りました。 詳細は後ほど。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故殉難者慰霊行脚

秋の全国交通安全週間に合わせ、 24日、稲敷署管内を「交通事故殉難者慰霊行脚」を行いました。 旧桜川村浮島の釣船寺様にて出発式。 お寺の役員さんや近所の駐在さんも同席されました。 その後約10キロの道のりを手甲・脚絆・網代傘の托鉢姿で歩き、 交通死亡事故現場で供養させていただきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマー・サイクロン被害者支援托鉢

昨日は夕方から、水戸市内において、 ミャンマー(ビルマ)サイクロン被害者支援托鉢を行じました。 出発時には降っていた雨も段々弱くなり、駅に着く頃には止んでいました。 のぼりと募金箱。全て手作り。 水戸駅まで歩き、19時まで声を枯らして活動。 道行く沢山の方々より、多くの浄財を頂戴しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故殉難者慰霊行脚:大子から水戸

茨城県曹洞宗青年会主催の交通事故殉難者慰霊行脚が無事終了しました。 慰霊行脚とは、托鉢行の格好で歩き、交通死亡事故現場にて読経供養を させていただく行。 事前に警察署に協力をいただき、事故現場をお教えいただき、当日に備えます。 この事前の準備がかなり大変です。 警察署で1回聞いただけでは中々場所が特定出来ず、近隣に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青年会:会議

今日は久々に青年会に出席。 創立50周年記念事業の会議です。 詳細はこちらをどうぞご覧下さい。 http://ibasou.que.ne.jp/kouen/kouen.html 隣の会場では、来月から修行道場に入る大学生(僧侶の卵)が、 衣の着方や食事作法等について、先輩である若手僧侶から指導を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故殉難者慰霊行脚-ひたちなか東署

28日は茨城県曹洞宗青年会の交通事故殉難者慰霊行脚でした。 9年前より始まり、今回で20回目。地区はひたちなか東警察署管内。 ひたちなか東警察署での出発式。 警察署長より挨拶をいただき、交通事故撲滅を祈り読経、出発。 約8キロを歩き、数箇所の交通死亡事故現場にて読経供養をしました。 那珂湊で水揚げされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑蔭禅の集い

1~2日は、茨城県曹洞宗青年会主催による「第34回緑蔭禅の集い」が開催されました。 班別・座談会 坐禅に対する思いや感想、仏教全般への質問、青年僧への意見が活発に話されました。 夜坐 夜の静寂の中、黙々と座し、普勧坐禅儀も唱和されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総会

5月30日は、茨城県曹洞宗青年会の総会でした。 会則が改正され、会員資格が41歳までになり、定年が1年延びました。 余命が延びたのか、留年で卒業が遅れたのか・・・? まあ、40過ぎて青年僧って、世間的にはどうなんでしょう 老兵は去る方が、会の活性化には繋がると思いますが・・・。 勝ち負け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

交通事故殉難者慰霊行脚

今日は茨城県曹洞宗青年会の交通事故殉難者慰霊行脚でした。 9年前より始まり、今回で19回目。地区は古河警察署管内。 写真は出発式前の古河警察署。 この直後に警察署長より挨拶をいただき、交通事故撲滅を祈り読経、出発。 約10キロを歩き、7箇所の交通死亡事故現場にて読経供養しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more